未分類」カテゴリーアーカイブ

弊社製作・施工現場が掲載されました

こんにちは

先日弊社がYKKAP様から製作・施工を請け負わさせて頂いた現場が
竣工広告を掲載しましたとの事で、その画像を頂戴しました

直接弊社の名前は出ていませんが、APさんの
営業担当者から御礼のメールと共に送信して頂きました
そのお心遣いがとても嬉しく感じました(^^)

大都市交流研究会 2日目 その2

こんにちは

散歩から帰ってきていよいよエキスカーションの始まりです
まずは仙台と言えば松島!ということでバスに乗って松島へ

松島は大小さまざまな小さな島が点在しているとのことです
その数260個余り…すごいですね
遊覧船に乗って40分かけて島めぐりです

当日は昨日の大雨をもたらした、太平洋のあちら側にいた台風の
影響で沖合に出てゆくにつれて船が揺れに揺れました
操舵していた船長さんも「こんなに荒れた松島は初めて」と
おっしゃっていました


松島で遊覧船に大いに揺られた後は震災遺構である仙台市荒浜小学校へ
2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災において、児童や教職員、地域住民ら320人が避難し、2階まで津波が押し寄せた荒浜小学校。
被災した校舎のありのままの姿と被災直後の写真展示等により、来館者に津波の威力や脅威を実感していただき、防災・減災の意識を高める場とすることを目的に、本校舎を震災遺構として公開しました。(ホームページより抜粋)


津波というものがいかに恐ろしいものか、また、津波そのものよりも
それによりあらゆるものを押し流して巻き込んで行き危害を与える
そのすさまじさが実感できる施設です
当日は役所の方がお見えになって我々に事細かく説明して下さいました

2Fのベランダの柵を超えて押し寄せてきた津波と
その津波に運ばれてくる瓦礫はいとも簡単に鋼製建具をねじ曲げ
突き破り襲ってきたとの事です
当時の証言者のビデオの中でも
「ただただ、想像できない世界が広がっており、何も言葉を発することが出来なかった」
と語られており、まさに「絶句」の絵図が広がっていたのだという事を感じさせられました

最後に役所の方が「ここは全員生き残った施設(遺構)ですが、多くの人が亡くなった
事実や施設にもしっかりと目を向けて欲しい」という一言が
心の奥に深く突き刺ささりました

その後は仙台名物牛タンランチを食してエキスカーションは終了しました
今回のイベントは新たな人との交流あり、観光あり、震災遺構での見学ありと
非常に心に残る研究会となりました

 

大都市交流研究会 2日目

こんにちは
ブログのネタをストックしていたらアップするを忘れてました(^^;
という事でかなり前の大都市交流研究会の2日目のブログです…

 

大都市交流研究会2日目はエキスカーションとして、松島観光と
震災遺構見学がセッティングされていました。
特に震災遺構は是非とも見ておきたいと思っていましたので…

と、いつもの如く早朝散歩からという事で、人生初仙台!なので
ちょっと遠いけど伊達政宗公の騎馬像を見ないと仙台に行った気が
しないよね!と言う事で行ってまいりました。
早朝4:30…辺りは真っ暗です


ホテルを出て西に向かって歩いてゆくとブランドームという大きな
アーケードが見えてきます。さすが東北地方一番の繁華街、仙台の商店街です
立派なアーケードにたくさんのお店が軒を並べています
(さすがにこの時間はシャッター締まっているけど)

繁華街を横目にさらに20分ほど歩いてゆくとようやく仙台城跡にたどり着きました
まだ真っ暗です
急な坂道を上って伊達政宗公の胸像がある仙台城(青葉城)の大広間跡を
目指して登ってゆきます…

今回最大の誤算、早朝に出て日の出前に目的地に着いた為肝心な騎馬像が
はっきりと見えません!仕方がないのでしばらく夜景を眺めていると白々と夜が明けて
雄々しい伊達政宗公の騎馬像がはっきりと見えてきました

目的達成したので元来た急な坂道を下ってゆきます
城下を流れる広瀬川の袂から青葉場の正宗公騎馬像辺りをめがけてパチリ
なるほど、正宗公像は仙台城下を見下ろせる場所に設置されているのですね
仙台市民の正宗公に対する敬愛の念の篤さが垣間見えた一時でした

帰り道、西公園辺りを歩いていると若い女性のランナーがいっぱい走っていました
なんでだろ?と思っていたら次の日に大学女子駅伝が開催されるとの事。なるほど~

前日、仙台地方は大雨で河川の氾濫警戒情報が出ているような状況でしたが
治水がしっかりしているのでしょうか、それほど被害が発生している様には
見受けられませんでした
ホテルに帰って着替えて、これからエキスカーションです
続きは次回!

~おまけ~

散歩帰りの一コマ。すごい店名だなぁ…(笑)

 

大都市交流研究会

こんにちは

先日、大阪市青年者経営連合会(市青連)の呼びかけで
各都市の青年経営者団体の交流大会が宮城県で行われるという事で
参加してまいりました。

伊丹空港から仙台空港へ飛んで、空港からは直通の電車
(仙台空港アクセス線)で17分で仙台駅に到着です
空港から都心中央部まで電車1本、17分で来れてしまうのに
びっくり! 伊丹もこの位アクセスが良ければもっと利用者が
増えるのにな…と思ってしまいました

今回の大会は川崎市、大阪市、神戸市、横浜市、小田原市
名古屋市、宮城県に所在する各団体の青年部が年に1回各都市
持ち回りで集結して講演会や交流を深める会となっております

今回の講演者は、ボードウォークキャピタル(株)代表取締役の
那珂通雅先生でした
先生は著名な外資証券会社勤務後にエンジェル投資事業
アドバイサリー事業、インキュベーション事業を行う現会社を
経営されている方です。 Wikiはコチラ↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%A3%E7%8F%82%E9%80%9A%E9%9B%85

証券会社勤務時代はあのソフトバンクとボーダフォンの買収案件の
スキーム立案に携わった一人として名を馳せた方です
現在はベンチャー企業のスタートアップ支援を主に活躍されており
関わった企業は軒並み急成長を遂げているという凄腕の先生です
とても中身の濃いお話をして頂き、あっという間の1時間半でした

興奮冷めやらぬうちに懇親会がはじまりました
今回は(社)みやぎ工業会 梵天会さんの初めての主催事業という事で
並々ならぬ気合が入っておりました。まずは、仙台藩祖・伊達政宗公の
仙台築城の宴席で、泉州・堺の石工たちが即興で披露した踊りが始まりと
される「仙台すずめ踊り」で会場を盛り上げます

小気味良いテンポ、躍動感あふれる踊りに会場の皆さんのボルテージは
最高潮に!
そのノリに続けとチアダンスチームが華を添えます!
最後は各都市の会長さんが壇上に上がって一緒に踊り出します

そんな中でもテーブルごとにお互いが交流を深めていきます
私も、横浜で金属の熱処理会社を経営されている社長さんと
非常に中身の濃いお話をさせて頂きました。
金属製品を扱っている弊社ですが、まったく知らなかった
金属についてのとても造形深い貴重なお話をして頂きました
この様な交流がこの大都市研究会の醍醐味なのでしょうね!

懇親会の後は城東鶴見の会員さんと一緒に軽く一杯飲んで解散~
お腹が空いたのでどん兵衛を買って食べようとしたら何か色が違う…

(E)の文字の通り、東日本向けのしょうゆベースの味付けのどん兵衛!
ん~ やっぱり食べ慣れている(W)のどん兵衛の方が美味しい…(笑)

海外研修旅行 2日目

こんにちは

海外研修旅行2日目幕開けです
いつもの如く朝早く目が覚めてしまうので散策に出かけました
今日はホテルから歩いて15分ほどに位置するルンピニ公園を目指します

万年渋滞のバンコク市内もさすがに早朝は空いています
街の至る所に祠の様なものが点在しており、タイの仏教に対する信仰度
がいかに篤いかが分かります

しばらく歩くとアメリカ大使館が。早朝にもかかわらずビザの申請でしょうか、たくさんの人が
列をなしていました。その横にはお坊さんが。托鉢をしている模様です
タイとアメリカは国交が樹立されて200年が経過している様で大使館の壁面にはその経過が描かれて
おり、泰米の友好関係をうかがい知ることが出来ます
さらに歩くこと10分程度するとバンコク市内
有数の公園であるルンピニ公園に到着しました。早朝にもかかわらず多くの現地の方や外国人の方がランニングを楽しんでいます。面白かったのが、思い思いの音楽を鳴らしながら体操を
している集団がそこかしこに発生していた事。どうやら皆さん気に入ったグループの体操に
参加して汗を流しているようです。人気のあるグループは40人くらい集まって体操していました


公園の南西側の方が正式な入口の様です(私は北東の方から入園しました)
この公園を建設したラーマ6世の銅像が建っています
その横には現国王ラーマ10世と恐らくシリキット王大后(ラーマ9世:プミポン国王の王妃)を
称える像があります

その西側の交差点に泰日友好橋という高架橋があります
日本のODAによって建設された高架橋の様です
この様に、日本とタイは非常に友好的な関係が続いており、タイの人たちの日本人に対する
友好感はずば抜けたものがあり、町中至る所に日本語の看板やお店が立ち並んでいます

少し北東方面に公園沿いを歩いてゆくと市場と屋台が立ち並んでいました

市場には見たことがないような野菜や果物が所狭しと積まれていました

その横では様々な屋台が軒を連ねています
タイはどうやら外食文化の様で朝食を屋台で摂るスタイルの様です
昼食も屋台で購入してそのまま職場に持参…と言う人が多い様です

思い思いの食料を持参の上職場に向かう現地の人たち
当初1時間の予定だった早朝散歩ですが気が付けば15分ほどオーバーして
散歩していました。それほど興味深いバンコクの早朝でした

おまけ


土木の現場入り口で見かけたダンプ
日野のトラックが見違えるほどにタイカラーに染まってました(笑)